男性の協力が不可欠

男性と女性がそれぞれ仕事をしていくということを考えた際に、大きく違いを生むのが出産と育児に対する貢献の大きさです。女性は自ら子供を生むことが必要になり、育児においても中心的な役割を果たさざるをえない面があります。そのため、仕事をしていきたいという女性にとってはうまく時間を使って仕事と育児を両立させていかなければなりません。必然的にハードワークを要求されることになってしまい、それに身体がついていかなくなってしまうと仕事を辞めざるを得なくなってしまうのです。

しかし、仕事もやっていきたいという女性も多いのが事実であり、その悩みに苦しむことになってしまうことも稀ではありません。こういった問題を解決に導いていけるかどうかという点で大きいのは、男性の育児に対する寄与と女性が実際に行ってきたハードワークに対する理解に他なりません。歴史的に見ても、男性は仕事に専念してしまって女性に育児のほとんどを任せてしまうというのが一般的でした。徐々に男性の意識も育児に向かうようになってきているものの、どちらかというと献身的になるよりは少しでも寄与をして自己満足をするというレベルに留まっていることが多いのが事実です。そういった状況から意識改革を促して、積極的に育児に関わってくれるようにしてもらうことで、女性は時間を作りやすくなります。そうして生まれた時間を使っていけば、仕事を続けることも実現できることでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です